【ネット簿記3級】会計知識ゼロの状態から1ヶ月で合格した勉強方法を紹介します!

自己啓発

閲覧頂きありがとうございます。本記事では、会計知識ゼロの私が約一ヶ月間の勉強でネット簿記3級を取得した際の勉強方法をご紹介したいと考えております。これから受験される方にとって少しでも参考になれば幸いです。

ネット簿記3級とは

その名の通り、ネットから受験ができる簿記試験になります。試験実施日時は各ネット試験会場が設定する任意の日であり、実質いつでも受験ができる状態です。また、試験後に即時に合否がわかるのも大きな特徴だと思います。資格の効果については紙試験と一切変わらないので、自分が合う方を受験すれば良いのかなと思います。出題範囲は紙の試験と同じで、試験時間は60分です。詳細を確認したい方は以下を参照してみてください。

https://cbt-s.com/examinee/examination/jcci.html

勉強方法

私は計画的に勉強することが苦手なので、実質ラスト一週間で全てを詰め込んだ結果となってしまいました。私の体験談を事実ベースで記載して、それぞれに振り返りや所感を記載していこうと思います。

参考書での勉強(3week)

一般常識として簿記の資格を取得したいと思った私は、恥ずかしながら会計に関しては右も左もわからない状況でした。そのため、取り敢えずはテキストを読んでみようと思い、以下参考書を購入しました。ネットの評判や、実際に色々見比べてみた結果です。

最初は中々簿記勉強に対して集中できなかったのですが、このテキストは一つの仕分けごとにCASE問題として解説してくれるので、1日5ケース、といった目標が立てやすく、助かりました。最初は本質は理解できていないものの、各勘定科目や仕分けのルールをCASEごとに暗記をしました。120CASEほどあるので、1日5ケースをダラダラと勉強していた感じです。

一通り読み終わったところで、実際の過去問を読んでみると、想像していた以上に難しいことがわかりました。。正直、全く解けなかったです。とはいえ、よくよく問題文と解答結果を見ると、簿記の本質を理解できていないことが原因だとわかりました。資産や負債の意味、各勘定科目の役割、各帳簿の目的及び仕組み、これらの理解が曖昧だったために、少しでも応用問題を出されると思考停止してしまうという状態だったのです。

平日は本業もあり、中々時間が取れない中でどう挽回していくかを考え、行き着いたところがYoutubeでした。本当に転機でした。

Youtube勉強(1week)

Youtubeってこんなにも素晴らしいのか、と思えるほど、充実した1週間でした。実質この1週間が全てだったと言っても過言ではありません。お二方のYoutubeを参考にさせていただいたので、以下紹介させていただきます。

基礎学習徹底(前半5日間)

ふくやままさゆきさんの”ゼロから簿記3級”を受講しました。基礎18回+演習6回の構成ですが、私は基礎18回のみを受講しました。

https://www.youtube.com/channel/UCGDec349YIziUytZzc3d7Yg

また、ふくやまさんは本も出版されており、Kindle版を無料で読むことができます。朝仕事の前にYoutubeを見ながらノートを取り、基礎を理解し、夜仕事後に本で再度同じ章を読み込み、復習問題を解くという方針で勉強を進めました。平日も最低3時間は勉強したと思います。(もっと計画的であれば、ゆとり持てたと思うのですが。。)
ふくやまさんは教え方が非常にわかりやすく、そのおかげで基礎知識がかなりついたと思います。本当におすすめですので、是非受講してみてください。

演習問題(後半2日間)

ある程度基礎知識はついてきたと自負できたので、あとはひたすら問題を解き続けるだけだと考えました。ここで、改めてネット試験の試験範囲をみたのですが、第一問については自信はあるものの、第二問と第三問に特化した勉強が必要だと感じました。ふくやまさんのチャンネルの問題を解き切る時間もなかったので、短期集中で第二問・第三問の勉強方法を探しました。

問題構成 3級配点 
第一問商業簿記仕訳15問45点
第二問問1:補助簿・勘定記入
(商品有高帳・固定資産台帳・前払利息勘定・未払利息勘定・仮払法人税等勘定・繰越利益剰余金勘定など)
問2:穴埋め形式の理論問題(【頻出論点】補助簿・伝票会計など)
20点
第三問決算整理後試算表
精算表
【頻出論点】貸借対照表
【頻出論点】損益計算書
(決算整理が含まれる問題)
35点

そこで、次に参考にしたYoutubeが公認会計士たぬ吉の簿記会計塾チャンネルです。ネット簿記に特化した解説や問題を配信してくださっていて、大変勉強になりました。以下配信の、第二問・第三問の問題を数周しました。非常に良問で解説も丁寧で、とても勉強になります。こちらの動画のおかげで、第二問・第三問に対しても自信をつけることができました。

日商簿記3級ネット試験のコツ!
日商簿記3級ネット試験【第2問 集中特訓問題】10問!
日商簿記3級ネット試験【第3問 集中特訓問題】精算表・BSPL作成問題

試験当日

こんな感じで最後一週間はかなりバタバタしたのですが、Youtube勉強のおかげでかなり力をつけることができ、自信を持って試験に望むことができました。結果は、9割点数を取ることができ、合格しました。

当日意識することは、途中点を意識して先ずは全問埋めることを最優先する、です。当日の第三問の精算表では、借方・貸方の合計値が合わず焦ったのですが、60分だとやはり時間にも余裕がないので、合計値を合わせることは諦めました。ただ、決算整理仕分がない転記や簡単な仕分けは絶対に落とすまいという気持ちで丁寧に計算・入力しました。合計値が合わないと焦ると思うのですが、一つだけ決算整理仕分けが間違っているだけの可能性もあるので、焦らず取れる箇所は取るというスタンスで見直し、修正をかけていくことが大事だと思います。

最後に

何度も言いますが、Youtubeの素晴らしさを改めて実感した経験となりました。皆さまの知識・ノウハウをこのような形で展開し、それぞれが学び成長する、というスキームはとても素敵だと思います。私もこういうブログやSNS等で、自身が獲得できた知識を周りへ広げられていけたらと思っています。
次は応用情報技術者試験に挑戦し、その後、簿記2級を受ける予定です。皆さんも頑張りましょう!!

ご精読ありがとうございました。

その他記事はこちらからご覧くださいませ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました